ラインナップ

LINEUP [13t]林業専用機 SK135SR-7F
林業専用機モデル
林業専用チューニングを施した、高出力エンジン

エンジン回転数の向上とパワーアップチューニングにより
高生産性を達成。高回転ファンや吸気開口アップなどの採用により、冷却性能も向上しています。

型式 いすゞ 4JJ1XDRA
エンジン定格出力(ファン付き)
6.3% UP
(SK135SR-5F型機比)
78.6kW/2,200min-1
走行ステアリング性能アップ
クローラでの転回がよりスピーディに行えるように、独自の油圧制御システムを開発しました。左右のクローラ操作に応じて最適な作動油量を分配することで、狭い林道や土場でもよりスムーズなクローラでの転回が行えます。
イメージ:操作ストロークの短いレバー
操作ストロークの短いレバー

従来より短いレバーストロークで反応するように、操作系の油圧システムを設定。優れた応答性を発揮し、レバーの操作性が向上しています。

H&P配管(ハーベスタ/プロセッサ用配管)
イメージ:林業専用配管サイズアップ
林業専用配管サイズアップ

配管の一部とストップバルブがサイズアップ。流量アップし、各種先端アタッチメントが最大 限のパワーを発揮できます。

N&B/回転N&B配管(グラップル/グラップルソー用配管)
イメージ:配管の破損防止構造
配管の破損防止構造

ブームとアームを伝う配管を一部内側に収め、枝への引っかかりなどによる破損を防ぎます。

イメージ:バケットリンクの強化
バケットリンクの強化

グラップルを使用しての木材ハンドリング時などのリンク破損を抑制します。

イメージ:強化型カウンタウェイトパネル採用
強化型カウンタウェイトパネル採用

旋回時の不意な接触などにより、エンジンルーム内へのダメージが及ぶことがないように、板厚を従来機比約5倍に。また、ドアのキャッチ部分もあわせて構造強化しています。

イメージ:シュープレートの厚みアップ
シュープレートの厚みアップ

従来機比約20%アップし、耐久性が向上しました。

イメージ:ロアアンダーカバーの構造強化
ロアアンダーカバーの構造強化

枝などの突き上げの際に、機体内部に侵入を防ぐため、構造を変更し強化しました。

イメージ:本体大型右前ガード
本体大型右前ガードの構造強化

下からの枝などの突き上げを防止します。

イメージ:ドーザ配管飛び出し改善
ドーザ配管飛び出し改善

ドーザ配管を内側に収納し、枝の突き上げなど による破損を防止します。

イメージ:燃料給油ポンプ
燃料給油ポンプ

電動の燃料給油ポンプを標準装備することで、現場での給油作業がスムーズに行えます。

イメージ:追加ウェイト
追加ウェイト(+580kg)

重量のあるアタッチメントを使用する際も、機体バランスを維持し安定した作業が可能です。

イメージ:枯葉侵入防止メッシュカバー
枯葉侵入防止メッシュカバー

落ち葉や木の枝が機体内部に侵入することを防ぐメッシュ付吸気口/排気口カバーを設定。

イメージ:センターカバー
センターカバー
(旋回モータ上/ブーム配管出口)

枯葉などが溜まりやすいブームフット下方にカバーを装備。

※写真はSK75SR-7Fです。
イメージ:マフラーテールパイプカバー
マフラーテールパイプカバー

テールパイプの排気口やテールパイプと本体とのすき間からの枯葉侵入を防止。

イメージ:枯葉・積雪ガード(オプション)
枯葉・積雪ガード
(オプション)

機体への枯葉や積雪の侵入を防止。後方視界を妨げないように形状にも配慮しています。

イメージ:アーム配管ガード/ブーム配管ガード
アーム配管ガード/ブーム配管ガード(オプション)

立木や伐採材にアームやブームが接触することによる配管損傷を防ぎます。

イメージ:本体大型右前ガード(オプション)
本体大型右前ガード(オプション)

本体右サイドに収納されたバッテリや燃料タンクなどを保護し、木材などの接触による破損を防止します。

お問い合せ
INQUIRY