HORUNAVIコベルコ建機のICT施工 ホルナビ

ICT施工をパートナー企業とともにサポート

お客さまのご要望に合わせてICT建機の導入~導入に必要な周辺技術を、お客さまご自身にノウハウが残るようサポート。
生産性の向上・コスト削減を実現いたします。

i-Construction(ICT活用工事)の流れ

01三次元起工測量 02三次元設計データ 03ICT施工 04三次元出来形管理 05三次元データ納品01三次元起工測量 02三次元設計データ 03ICT施工 04三次元出来形管理 05三次元データ納品
  1. 3次元起工測量 ドローンやレーザスキャナを活用し、3次元測量。施工前の点群データを取得。
  2. 3次元設計データ 2次元図面を専用ソフトで3次元化し、ICT建機に搭載。また、施工前の点群データと重ねることで3次元の土量計算も可能に。
  3. ICT建機による施工 3次元設計データをICT建機に搭載し、そのデータに沿ってマシンコントロール・ガイダンス施工を実施。
    • 丁張り設置や検測作業の負荷を減らし、省力化に貢献
    • 手元作業員など建機周辺の人員が減り、安全性が向上
    • 操作のセミオート化により、熟練オペレータ並みの生産性を実現

    製品例

    3DMC(3Dマシンコントロール)

    ブーム・バケット等の操作を半自動化し、熟練オペレータ並みにスピーディ&スムーズに作業できるシステム。

    詳細はこちら

    3Dチルトマシンコントロール

    3DMCの機能に加え、バケットのチルト角度も油圧制御し、的確に設計面に合わせることができるシステム。

    詳細はこちら

  4. 3次元出来形管理等の施工管理 3次元測量を行い取得した点群データと、3次元設計データを重ねることで面による出来形管理を実施。
  5. 3次元データの納品 専用ソフトで、電子納品用データを作成し、納品。

建設ICTビギナーの方、導入にお悩みの方におすすめ! 漫画で知るホルナビ建設ICTビギナーの方、導入にお悩みの方におすすめ! 漫画で知るホルナビ

充実したサポート体制。
ICT施工の「基本のキ」からサポート

  • いまICT建機を持っていなくても始められるの?
  • 本当にICT施工のノウハウが身につくの?

ICT施工を始めたくても何から始めてよいかわからないといった声に、充実のサポート体制でお応えします。

大型から小型まで。
ホルナビはあらゆるシーンのICT施工に対応

丁張りを減らしたい。掘りすぎで手戻りが発生してしまう。正確に成形できない。丁張りを減らしたい。掘りすぎで手戻りが発生してしまう。正確に成形できない。

3D MACHINE CONTROL 3Dマシンコントロール3D MACHINE CONTROL 3Dマシンコントロール

法面に対するスペースが狭い。足場成形に時間を取られている。障害物を避けて施工したい。法面に対するスペースが狭い。足場成形に時間を取られている。障害物を避けて施工したい。

TILT ROTATOR チルトローテータTILT ROTATOR チルトローテータ

ミニショベルにもガイダンスを使いたい。敷き均し用ブルドーザがなかなか手配できない。排土板やバケットの高さの管理が難しい。ミニショベルにもガイダンスを使いたい。敷き均し用ブルドーザがなかなか手配できない。排土板やバケットの高さの管理が難しい。

2D MACHINE GUIDANCE iDig/iDig DOzer 2Dマシンガイダンスアイディグ/アイディグドーザ2D MACHINE GUIDANCE iDig/iDig DOzer 2Dマシンガイダンスアイディグ/アイディグドーザ

ICT施工やi-Construction、ホルナビ製品のことなら
なんでもお気軽にお問い合わせください。

お近くの販売サービス窓口

お問い合わせ