チルトローテータ

NETIS登録番号:KT-190045-A

LINE UPチルトローテータ ラインナップ

大型からミニショベルまで幅広いラインナップをご用意しております。さまざまな施工現場にチルトローテータの利便性をご提供できます。

●対象機種:SK35SR-6、SK55SR-6E、SK75SR-7、SK135SR-5、SK200-10/SK210LC-10、SK225SR-5/SK235SR-5

POINT 01チルト&ローテート(360度回転)

バケットが45度チルトするので法面に正対していなくても、足場が整っていなくても施工が可能です。

バケットが360度ローテート(回転)します。
従来のショベルでは施工できず、人力施工が不可欠だった場所もチルトローテータを使えば機械施工に置き換えることができ、幅広い施工が可能となります。

※映像はイメージです

POINT 02クイックヒッチ

通常バケットから法面バケットなど、アタッチメントをキャブから降りずに簡単に脱着が可能なため、
作業スピードが向上します。

※映像はイメージです

POINT 03簡易グラブ

簡易グラブにより、クレーン作業の最小化が可能となり、作業スピードと安全性が向上します。

CASEチルトローテータ活用例

※映像はあくまで作業イメージです。実作業とは異なる場合があります。

CASE STUDY工事事例

大規模工事・i-Construction

道路土工・河川土工・造成工事  [例)13t・20tクラス]

チルトコントロール

法面に正対していない・足場が整地されていない状態での施工が可能。 チルトコントロール次世代のICT施工です。

小規模工事・都市土木工事

道路工事・管工事・無電柱化工事  [例)3t・5t・7tクラス]

チルトローテータ

狭所作業においても自由な掘削が可能です。

CATALOGカタログ

ホルナビは、サイトだけでは紹介しきれない情報がたくさんあります。
ぜひ、カタログもお手にとってじっくり比較検討してみてください。

ICT施工やi-Construction、ホルナビ製品のことなら
なんでもお気軽にお問い合わせください。

お近くの販売サービス窓口

お問い合わせ