INTERVIEWコンサルチームの想い

03

INTERVIEWiDig

現場のスペシャリストであるお客様に
実際に使っていただく中で
ホルナビ製品活用のヒントが生まれる

AYAHO TAKAHASHI髙橋 礼穂

コベルコ建機日本(株)
中部支社 東海東営業所

業界で初めてオフセットブームにも対応した2Dショベルマシンガイダンスシステム「iDig」の多くの導入サポート実績を持つ。

iDigの特徴は?

iDigは取り付けが簡単で、操作もかなり楽なところがいいところだと思っています。コスト面でも、かなり安価な商品だと感じています。2Dを持ちたいと思ってらっしゃる方には非常に向いている商品だと思っています。

どのような工種のお客様におすすめですか?

2DMGは土木全般に向いていると思いますが、取り付けが簡単でコストも従来より安いという点で、小規模の建築系のお客様や管工事のお客様にも受け入れられやすい商品かなと考えています。

ホルナビはお客様のビジネスにどのように貢献できると思いますか?

皆様、腕の良いオペレータさんを抱えていらっしゃって、もしくは、ご自身が腕の良いオペレータさんで、施工の技術や完成の品質に自信を持っていらっしゃると思います。そういった方が、(iDigのような)便利な商品を使っていないのが非常に残念です。(そういう方にお使いいただくと)我々が思っている以上の、“こういう使い方があるんじゃないかな”という独自の発想のヒントが出てくると思います。使えば使うほど“ここにも使えるんじゃないか”とか“あの現場にもいいんじゃないか”という発想が生まれてくると思います。

また、施工品質がすばらしい腕の良いオペレータさんや社長様が乗られている機械で、チェックをしに行くのにいちいち降りたり、人を呼んだりするロスは非常にもったいない。iDigに関わらず、ホルナビ製品はそういう無駄をなくすことができる製品だと思っています。

例えば、よく聞く話ですが、現場の監督さんの丁張りや杭打ちを待って施工を始めるんですが、施工を進めていくと、施工の方が早くて追いついてしまうケースが多い。そこで、最低限の丁張で済む、もしくは、要らないとなると、待ち時間のロスを無くせます。そういった待ち時間の無駄をなくすのが(ホルナビ製品の)特徴だと思います。

お客様の発想にヒントをいただいた事例は?

ICT技術が使えるのは大きな造成現場だけだと決めつけていたのですが、お客様から“こういう小さい現場でも使えるよ”とか“こういう狭い現場でも使いたい”という要望があり、それに応えて製品が生まれています。お客様の要望や発想があって、我々はそれに応えていっている状況です。

お客様にホルナビをおすすめする際、心がけていることは?

基本的には、お客様のご判断に委ねるようにしています。私から押し売りするのではなく、お客様に合った有益な情報をご提供し、お客様の判断に委ねます。そのお客様の判断に私たち営業マンが一緒に寄り添って、その会社の利益に繋げていければ良いなと思っていますので、そういうことを大事にしています。

ICT施工やi-Construction、ホルナビ製品のことなら
なんでもお気軽にお問い合わせください。

お近くの販売サービス窓口

お問い合わせ